東北楽天打線が今季最多タイの15安打と爆発、9点を奪い4連勝に導いた。
 一回、敵失で1点を取り、なお2死一、二塁で銀次が直球を捉え中前適時打。「甘い球をコンパクトに振ることができた」と振り返った。五回は3番今江が、1死三塁から中前適時打を放った。「(母の日に)天国からパワーを送ってくれたんだと思う。打てて良かった」と今江は亡き母への感謝を口にした。
 終盤も攻撃の手を緩めなかった。七回2死一、三塁から5番ペゲーロが2点二塁打。八回は内田の1号ソロ、九回には銀次の左前打などで3点を加えた。
 4番ウィーラーも今季2度目の4安打と中軸の活躍が目立った。栗原打撃コーチは「主力選手に当たりが出てきた。もっと得点を取れる打線になっていく」と手応えを感じていた。