盛岡大付の比嘉主将は、自身にとって昨夏に続く甲子園出場。大舞台でのリハーサルを終え「今回は主将の立場でチームを引っ張りたい」と意気込む。
 20日に高岡商(富山)との初戦を迎える。沖縄などで実戦練習を重ねた現状に「打撃面では確実に成果が出ている」と自信を示し、「大観衆を前にした独特の雰囲気の中で(普段通り)プレーできる心をつくりたい」と課題を挙げる。
 初戦は東北勢3校の先陣とあって「同じ岩手勢の不来方に勢いと勇気を届けるプレーをしたい」と頼もしい。