【評】仙台育英は好継投で古川工を零封した。二回1死二塁で前田が中前適時打を放って先制。八回は2死三塁から杉山、渡部の連続短長打で計2点を加えた。先発佐川は6回無失点。2番手の主戦長谷川がリードを守り切った。古川工は攻撃のミスが続き、先発相沢の力投に報えなかった。

▽3位決定戦
古川工
   000000000=0
   01000002×=3
仙台育英

<古川工の三浦主将「援護したかった」>
 古川工は送りバントの失敗や走塁ミスが響き、本塁を踏めずに終わった。先発相沢が七回まで1失点で踏ん張っただけに、三浦主将は「もっと打って、援護したかった」と振り返った。
 得点に結び付かなかったとはいえ、準決勝の東北戦で左腕古川原の前に3安打止まりだった打線は、仙台育英の佐川、長谷川の両左腕から計9安打を放った。三浦主将は「全員が初球から積極的に振ることを意識した。左投手相手に攻撃の形はつくれた」と夏への収穫を口にした。

<前田の先制打で主導権>
 仙台育英は二回の先制点で主導権を握れたのが大きかった。1死二塁から前田が「狙っていた」と言うスライダーを中前にはじき返した。その後は走者を出しながら、終盤まで本塁が遠かったが、投手陣が踏ん張って9大会連続の東北大会切符を手にした。
 この試合が象徴するように今大会は我慢を強いられ続けた。準決勝の東陵戦は8安打を放ちながら4併殺で1点のみ。前田は「東陵に負けたことが選手全員の意識、練習への姿勢を変えた」と言う。
 佐々木監督はほっとした表情を見せ、「相当しんどかったが、苦しい中で勝てたことがいい経験になれば」と選手の成長に期待した。