春季東北地区高校野球大会第2日は9日、仙台市民、石巻市民両球場で2回戦があり、仙台育英と東日本国際大昌平が準々決勝進出を決めた。
 仙台育英は二回に斎藤の犠飛で1点先取すると、四、五回にも1点ずつを追加。主戦長谷川も聖光学院打線を六回まで無安打に抑える好投を見せて快勝した。
 東日本国際大昌平は三回に石井の右中間適時二塁打で1点を先取。投げては新田が日大山形打線を4安打に抑え、完封した。

 ▽2回戦

仙台育英(宮城)010110000=3
聖光学院(福島)000000010=1

東日本国際大昌平(福島)001000011=3
    日大山形(山形)000000000=0