八戸学院光星先発の向井は、6回2安打の好投も1点に泣いた。五回1死から許したこの試合唯一の四球が決勝点につながり、「無駄に歩かせたことで(相手に)チャンスを与えてしまったのが、何より悔しい」と唇をかんだ。
 腰痛から復調して大会直前に登録メンバー入りした3年生。強打の仙台育英打線に対し、存分に内角を攻めたこの日の内容には満足している。昨秋の背番号1は2年生福山に譲り、今は11を付けているが、「夏は自分が1番を付けてチームを勝たせる」と誓った。