仙台育英はわずか2安打。決勝点を無安打でもぎ取るしたたかさを見せたが、1点を争う展開でチームを支えたのは、主戦長谷川の熱投だった。
 最大のピンチは七回。四球と内野安打で2死一、三塁とされ、打席に瀬川を迎えた。「打たれても守りが支えてくれる」。得意の真っすぐで押すと心に決め、2ボール1ストライクからの4球目。外角いっぱいの直球で詰まらせ、右飛に打ち取った。
 「試合後半に強くなる」が今年のチームのテーマ。佐々木監督は「前半は抜け球が多かったが、最後まで粘ることができた」と左腕の踏ん張りをたたえた。
 長谷川も「力まずに投げることで終盤バテなくなった」とこの日の投球を振り返る。「以前は三振を取りたいという独り善がりの投球だった。最近はチームのためにという意識で投げている」。バックを信じて変化球でかわすすべも身に付け、投球の幅が広がった。
 今大会、仙台育英は2回戦で聖光学院(福島)に3-1で粘り勝ち。東北(宮城)との準決勝は九回、2点差をはね返して逆転サヨナラで制した。福島の絶対王者と夏の宮城大会で覇権を争うライバルを相次いで倒し、ナインは大きな自信を得た。(今愛理香)