少子化や子どもたちの野球人気低迷で、県内の高校野球部員数が年々減少している。14日開幕する第99回全国高校選手権宮城大会の参加チーム数は、記録が残る1982年以来35年ぶりに60台まで落ち込んだ。県高校野球連盟は小学生による始球式を企画するなど対策に躍起だが、決定打は見いだせていない。

 県内の部員数の推移はグラフの通り。本年度は2736人で、昨年度より52人減った。これに伴い、今年の宮城大会の参加チーム数は69となり、前年より三つ少なくなった。
 蔵王と柴田農林高川崎が部員不足で欠場となったほか、2、3校による連合チームも二つ誕生した。3校の連合チームが夏の大会に出場するのは今大会が初めてだ。
 野球部員の減少は全国的な傾向で、日本高野連の調べでは、本年度は16万1573人。昨年度から6062人も減少した。加盟校数は25減の3989で、12年連続で減少が続く。
 背景には、サッカーをはじめ他のスポーツに取り組む子どもが増えたことに加え、電子ゲームやインターネットが娯楽として広がったことがあるという。
 県高野連は今大会の土日限定で、全会場の第1試合で小学生による始球式を初めて行う。揚野義宏事務局長は「小中学校から野球に親しむ子どもが減っている。来年は(夏の高校野球大会が)第100回となる記念の年。何とか盛り上げていきたい」と話している。