最後の打者を内角高めの直球で空振り三振に仕留め、仙台育英の主戦長谷川が7安打完封。左腕は「数え切れないファインプレーに支えられ、安心して投げられた」と味方に感謝した。
 先発オーダーに左打者6人を並べる相手に対し、外角へ逃げるスライダーを効果的に使った。中でも3番の川村に対しては、勝負どころで懐をえぐる球を投じる強気の姿勢も見せ、強力打線をねじ伏せた。
 圧巻は九回だ。2死一、三塁の窮地は「緊張というより最後のピンチを楽しめた」。左打者の稲垣に外角球を三つ続けた後、内角へ。「他の球で打たれたら後悔する。最後は自信のある真っすぐ」。稲垣の顔をかすめるような高い球だったが「勢いが相手に伝わった」。バットは空を切った。
 ピンチの連続にも佐々木監督は「いつもの『やばいんですよ』という表情がなかった」と長谷川の成長を実感している。次は2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭戦。「挑戦者として思い切りぶつかる」と長谷川。背番号1が一回り大きく見えた。(剣持雄治)