第3日は19日、仙台市民球場、石巻市民球場で2回戦4試合があり、石巻、利府、角田、仙台育英が準々決勝に勝ち進んだ。
 石巻は村田に逆転サヨナラ勝ち。利府は仙台一に零封勝ちした。角田は仙台との接戦を10-9で制した。仙台育英は7-0で黒川にコールド勝ちした。
 第4日の20日は、仙台市民球場、石巻市民球場で2回戦計4試合がある。

<きのうの結果>
 ▽2回戦

石巻 7-6 村田

利府 5-0 仙台一

角田 10-9 仙台

仙台育英 7-0 黒川

(上が1塁側)


 ▽2回戦(仙台市民)
利 府022010000=5
仙台一000000000=0

 【評】利府が完勝した。二回に水野の適時打と敵失で2点を先取。三回は1死一、二塁で青木が右中間を破る2点三塁打を放ち差を広げた。仙台一は6安打を放ったが9残塁とつながりを欠いた。

<青木、好機生かし3打点>
 利府の青木が3打点の活躍。三回の2点三塁打、五回の適時打とも初球を捉え「カウントを取りに来た甘い球。思い切りの良さを試合で出せた」と胸を張る。182センチ左腕鈴木の力ある球にも打ち負けなかった。
 今秋からチームを率いる石垣監督は「打線がつながるかどうかは(5番打者の)青木次第。次も積極的に打ってほしい」と期待する。青木は「確実に好機を生かす打撃で頂点を目指す」と力強く語った。


◎九回の攻防 石巻が制す

 ▽2回戦(石巻市民)
村 田000110004=6
石 巻102000022x=7

 【評】石巻が逆転サヨナラ勝ち。村田に5-6と逆転を許した直後の九回、1死一、三塁から松浦のスクイズ(内野安打)で同点とし、さらに1死満塁から佐々木の中犠飛で試合を決めた。村田は土壇場の守りで粘り切れなかった。

<積極的な走塁で勝利呼ぶ>
 終盤までもつれた試合は石巻に軍配が上がった。村田に3点リードをひっくり返された直後に2点を返して再逆転に成功。積極的な走塁で劇的な勝利をたぐり寄せた。
 この回、先頭の村上が四球を選ぶとすかさず盗塁成功。野選などで三塁へ進めて相手に重圧を与え、松浦主将は「相手投手はひるんでいる。直球しかない」と読んでスクイズ。自らも一塁に生きて佐々木の決勝の犠飛につなげた。
 チーム全体で12盗塁。うち4盗塁を決めた松浦主将は「失敗してもOK。攻めの走塁ができた」と胸を張った。


◎仙台育英圧勝

 ▽2回戦(仙台市民)
仙台育英1013101=7
黒  川0000000=0
(七回コールドゲーム)

 【評】仙台育英がコールド勝ち。2点リードで迎えた四回、阿部の左犠飛などで3点を追加。その後も加点を続けて黒川を突き放した。黒川は3安打と打線が振るわなかった。

 <黒川・大須賀将投手(7回を投げ7失点)>
「変化球はコースが決まっていて良かったが、直球が力んで高めに浮いてしまった。反省点を踏まえて冬場のトレーニングに臨みたい」


◎仙台守備乱れ 角田逆転勝ち

 ▽2回戦(石巻市民)
角 田042003010=10
仙 台500400000=9

 【評】角田が相手守備の乱れに乗じて逆転勝ち。6-9の六回、内野ゴロと暴投、捕逸で同点。八回1死三塁から暴投で三走相馬が生還して勝ち越した。仙台は13安打を放ったが、五回以降追加点が奪えなかったのが痛かった。

<仙台・松浦投手(自責点3も10失点。暴投で決勝点許す)>
「捕手は内寄りの高めのコースを要求したが、スクイズで失点したくない思いが上回って制球が乱れた。全体的に走者を出してから力が入ってしまっていた」