▽1回戦(開成山野球場)

学法石川(福島)200000000=2
日大山形(山形)11023000×=7

 【評】日大山形が逆転勝ち。2-2の四回1死二塁から榎本の左越え二塁打で勝ち越しに成功。五回には西島の中越え三塁打などで3点を加え、突き放した。学法石川は二回以降打線が沈黙した。

<榎本が勝ち越し二塁打>
 日大山形は四回に勝ち越し。1死二塁から榎本がスライダーを適時二塁打とした。「練習で意識していたコース。うまく捉えられた」。2球であっさりと追い込まれたが、ノーステップ打法に切り替え沈む球をうまくすくい上げた。
 初の先発起用に応えた7番打者は「持ち味の粘り強さを発揮して、先発に定着していきたい」。次戦を見据えていた。