第2日は14日、福島市の県営あづま球場と郡山市の開成山野球場で2回戦があり、由利工と能代松陽の秋田勢2校が共に逆転勝利で準々決勝進出を決めた。
 由利工は4点を追う七回、大友丈のスクイズなどで2点を返して反撃開始。九回は2死満塁で木村が左越えに走者一掃の逆転二塁打を放ち、そのまま逃げ切った。
 能代松陽は0-1の四回、佐藤開、菊地の2長打と千葉の中犠飛で2点を奪って逆転に成功。主戦佐藤開が緩急を付けた投球で失点をソロ本塁打の1点にとどめ、リードを守った。

 ▽2回戦
由利工(秋田)000000203=5
弘前東(青森)102001000=4

能代松陽(秋田)  000200000=2
八戸学院光星(青森)001000000=1