▽2回戦(福島県営あづま)
花巻東(岩手)031001000=5
角 館(秋田)010000100=2

 【評】花巻東が逃げ切った。二回1死三塁から中村の右中間を破る適時三塁打などで3点を先取。三、六回にも1点ずつ加点し、リードを広げた。角館は七回に押し出し四球で3点差まで詰め寄ったが、その後の好機をものにできなかった。

◎初スタメンの中村が大当たり

 花巻東は6番中村が4打数4安打の大当たり。公式戦初の先発起用という期待に応え、「緊張したけど自分なりにできた」と謙虚に喜んだ。
 二回は1死三塁から先制三塁打。甘く入った2球目を捉えて右中間を破った。「追い込まれると不利になると考えていた」という積極性が光る一振り。「長打力は自分の持ち味。攻撃の軸となる打者を目指す」と力強く語った。