第48回明治神宮野球大会第3日は12日、神宮球場で準々決勝4試合が行われ、高校の部は創成館(九州)静岡(東海)が準決勝に進んだ。大学の部は東洋大(東都)星槎道都大(北海道)が4強入りした。
 聖光学院(東北)は創成館に一回、3点を先制されて4-6で敗れた。静岡は春が完投し、日本航空石川(北信越)を6-4で振り切った。
 富士大(東北)は東洋大の原沢に大会タイ記録となる1試合2本塁打(8人目)を打たれ、1ー9で七回コールド負けした。星槎道都大は福田が今大会完封一番乗りを果たし、創価大(関東2)を1-0で下した。

 【高校】
 ▽準々決勝
創成館 (九州)312000000=6
聖光学院(東北)030100000=4

 【評】聖光学院が逃げ切りを許した。先発衛藤が一回、松浪の右中間三塁打などで3点先取され、二回にも1点を失って降板。打線は二回に4安打で3点を返すなどしたが、五回以降はつながらなかった。創成館は六回から登板した3番手伊藤の好投が光った。

◎強力打線後半音なし

 甲子園常連の聖光学院が神宮初勝利を逃した。一回の失策が3失点につながり、九回の同点機で凡退して最後の打者となった矢吹主将は「(気持ちの)弱さと甘さが出た」と悔しさを押し殺した。
 三者凡退で切り抜けた回はなく、常に苦しい展開を強いられた。1点差に追い上げた直後の三回も失策が絡んで2失点。東北大会4試合で44得点の打線は後半沈黙した。鋭い打球が野手の正面を突く不運はあったが、3、4番に安打が出なかったのも痛かった。
 来春の選抜大会に向け、矢吹は「この敗戦を甲子園につなげないと意味がない。守備、走塁も含め、冬に鍛えたい」と気持ちを奮い立たせた。

<ミスで流れ失う/聖光学院・斎藤智也監督の話 ミスが多く出たら流れを引き戻すのは大変。安打と得点の数を近づけるのがチームの理想だが、相手にやられてしまった。相手の3番手投手も厄介だった。