第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が26日、大阪市内で行われ、東北地区枠で昨秋の東北大会覇者の聖光学院(福島)、準優勝の花巻東(岩手)、4強の日大山形が選ばれた。戦力以外の要素を加味する21世紀枠では由利工(秋田)が膳所(滋賀)伊万里(佐賀)とともに選出された。

 日大山形は昨年夏に続く甲子園出場で、春は36年ぶり4度目。午後3時10分ごろ、同校で島津宏道教頭から出場決定を伝えられた53人の野球部員は、帽子を投げたり肩を組んだりしながら、喜びを爆発させた。
 昨秋の東北大会は準決勝で敗れたものの、2回戦で大会連覇を狙う仙台育英を1-0で下し、試合巧者ぶりを発揮した。
 節目の第90回大会で東北3枠目の選出となり、荒木監督は「まずはほっとした。選手の喜ぶ顔を見て、ここからが本当の勝負だと感じる」と話す。斎藤主将は「東北代表として恥じない試合をしたい」と表情を引き締めた。
 昨夏初戦の明徳義塾(高知)戦は、延長十二回までもつれた末に3-6で白星を逃した。昨夏からのレギュラーは斎藤主将、近藤投手と信田捕手の3人。近藤は「昨夏は3球で降板した。その悔しさを忘れずに練習してきた」と話す。特に東北大会以降は、体幹トレーニングに力を入れ、パワーアップに取り組んできた。
 個々の選手が持つ潜在能力を引き出すため、「一人一人と面談して課題を見つけ、克服することで自信をつけさせた」と荒木監督。斎藤主将は「これから練習試合などを通じ、相手に流れが傾きかけた試合でも、自分たちで立て直せる力をチーム全体で身に付けたい」と意気込みを語った。

[日大山形]1958年、山形市に山形学園山形一高として創立した私立校。62年に日大と合併し、現校名となった。野球部は58年創部。2013年の夏の甲子園で、山形県勢初の4強入りを果たした。OBに奥村展征内野手(ヤクルト)らがいる。