7安打の花巻東打線は先制、中押し、ダメ押しと効果的に攻めた。全5得点を犠打でお膳立てし、佐々木監督は「バントがきれいに決まり、スムーズな攻撃につながった。花巻東らしく、少ない好機をものにできた」とうなずいた。
 一回の先制点は無安打で奪い、四回も相手のミスを突いてわずか1安打で2点を加えた。そして効いたのが七回の追加点だ。1死一、三塁で、阿部が外角のスライダーを中前に運び、勝負を決定付けた。
 直前の谷の右前打で二走佐藤を回さなかった八幡三塁コーチの好判断も光る。殊勲打の阿部は「初球から積極的に振ろうと思った。安打になり、ほっとした」と控えめに喜んだ。