▽2回戦
聖光学院(福 島) 101000001=3
東海大相模(神奈川)63010101×=12

(聖)高坂、上石-大松
(相)斎藤、遠藤-佐藤
(本)斎藤(相)

 第5日の27日、2回戦が行われ、聖光学院(福島)は東海大相模(神奈川)に3-12で敗れ、3回戦進出を逃した。
 聖光学院は一回、無死二、三塁から内野ゴロの間に相手守備の隙を突いて1点を先取。しかし、その裏に先発の左腕高坂が3点本塁打を浴びるなど6失点し、二回にも2番手の上石が3点を失うなど、投手陣が東海大相模の強力打線を抑えられなかった。

<投打に見せ場なく>
 聖光学院は投打に見せ場なく大敗した。6失点で1回持たずに降板した高坂は「技術や力に加え、気持ちの強さも足りなかった」と肩を落とした。
 一回、先頭の小松に初球を左前に運ばれ「出はなをくじかれた」(斎藤監督)。3四死球が絡んで苦しくなり、斎藤に痛恨の右越え3点本塁打を喫した。捕手大松は「この敗戦を成長につなげたい」と話した。

<東海大相模の小松、1番の役割果たす>
 東海大相模の1番小松は先制された直後の一回、左前に運んで大量得点の流れをつくった。二回にも中前打を放ち、好機を演出する役割を果たした主将は「監督から『初回は大事だ』と常に言われている。最高の形で点を取れた」と白い歯をのぞかせた。
 一回の守備では遊撃後方への飛球を捕れなかった。責任感の強い小松は「守りではバタバタしてしまった」と反省を忘れなかった。