聖光学院にとっては一回、1点を先取後の6失点が全て。「初回から四死球三つでは試合にならない」。斎藤監督は天を仰いだ。
 先発は左腕の高坂。初球でいきなりつまずいた。先頭小松は外の変化球に弱いと聞いていたが、スライダーをあっさりと左前に運ばれる。
 「想定外だった」と高坂。動揺を隠せずに2、3番に連続四死球であっという間に無死満塁。4番上杉は完全に詰まらせたが、打球は中堅、左翼、遊撃の間にぽとり。同点とされた。
 続く梶山は二塁矢吹の好守で併殺打にした。その間に加点され、1-2となったところで後続を断ちたかった。しかし、後藤にも死球と悪い流れを止められず、適時内野安打の後、斎藤に3ランを浴びた。5点差はあまりに重過ぎる。
 高坂の先発は昨秋の福島県大会決勝以来。東海大相模相手に立てなければならない厳しい台所事情がある。主戦衛藤は「右肘の疲労骨折が完治していない状態」(斎藤監督)で長いイニングは投げられない。1回戦は上石、衛藤、高坂をつないでしのいだが、優勝候補には通じなかった。
 大敗の中でもつかんだものはある。「技術以上に精神力が足りなかった。夏までにチームのテーマでもある不動心を身につけたい」と高坂は再起を誓った。(今愛理香)