サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は2日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台)で新潟と対戦し、1-0で勝った。ホーム開幕戦を白星で飾り、今季2連勝。応援席のサポーターは「今年こそ優勝だ」と歓喜の声を上げた。(12面に関連記事)
 この日は2259人が来場した。泉区の無職豊島光喜さん(69)は「越後和男監督に優勝に導いてほしい」と期待。孫で太白区袋原小4年の加藤美宝さん(9)は「勝つように応援する」と声を弾ませた。
 前半19分、FW中野真奈美選手が先制ゴールを決め、仙台サポーターが沸き上がった。後半は新潟に攻め込まれる場面もあったが、選手一丸で失点を防いだ。試合終了を告げるホイッスルが鳴ると、スタンドに歓声がこだました。
 チーム創設時から応援しているという青葉区の主婦菅原祥子さん(50)は「最後まで粘り強く戦った。チームワークがとても良い。シーズン最後まで諦めず強気で頑張れば優勝は見えてくる」とエールを送った。
 同区桜丘中2年の千葉大河さん(13)は旗を振って応援。「ここまでのリーグ戦で連勝し、トップチーム(J1仙台)も勝ち越している。今季は両チームとも良い順位にいくのではないか」と期待した。