藤村が5日の紅白戦で主力組に入り、前線の奥埜、梁勇基らと連係を入念に確認した。「前線から(守備の)プレスをしっかりかけたい。攻撃でも力になりたい」と意気込んだ。
 今季リーグ戦はわずか1分の出場だが、チームの戦い方は熟知している。「ゼロに抑えていれば、好機は訪れる。カウンターで得点を狙う」。浦和戦もまずは堅守を築きながら、一瞬の好機をものにする考えだ。
 「相手はホームなので、運動量は多いだろう。それを上回るものを見せなければならない」と強調。敵地での躍動を力強く誓った。