右ウイングバックは蜂須賀が務めそうだ。先発すれば、今季リーグ戦初。「ずっとベンチだったが、いつ先発してもいいように準備してきた。気負わずに臨む」と静かに闘志を燃やす。
 5日の紅白戦。好機と見るや前線に素早く駆け上がり、味方がボールを奪われるとすぐに自陣に戻った。今季リーグ戦の出場時間は計90分で、4試合全て途中出場。鬱憤(うっぷん)を晴らすかのようにピッチを縦横に走り回った。
 浦和について「誰が出ても攻撃力がある」と警戒する一方、「今季はビルドアップ(攻撃の組み立て)の部分でミスもある」と指摘する。総失点7は仙台よりも3点多い。「柏戦で後半に(奥埜が)決勝点を決めたように、じれずに戦えば勝機は訪れる。隙を逃さずに突く」と力を込める。
 昨季から重点的に磨くクロスの精度は「自分の持ち味」と言い切るまでになった。特にクリスランとの相性は良く「試合でよく目が合う。互いに意識の共有ができている」と強調。アシストの予感を漂わす。
 渡辺監督は「いい準備ができている。武器のクロスを思う存分発揮してほしい」と期待する。レギュラー定着に向けた活躍の舞台は整った。(狭間優作)