J1仙台は6日、リーグ戦第6節アウェー浦和戦(7日19時半・埼玉スタジアム)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間、最終調整した。
 ゲーム形式の練習では、今季初先発が見込まれるDF増嶋が攻守にわたって周囲と連係を確認した。MF三田も順調な仕上がりを見せた。
 3勝2敗で7位の仙台に対し、浦和は3勝1分け1敗で4位。ここ4試合は無敗と調子を上げている。仙台の渡辺監督は「(0-2で敗れた1日の)川崎戦は、相手の脅威となる攻撃ができなかった。点を取るための守備を意識する。怖がらずにゴールに向かう」と力強く話した。