仙台はクラブワーストの7失点で大敗した。今季リーグ戦初の2連敗。前半20分、興梠に先制点を決められると、守備が崩壊し、前半だけで4失点した。後半にクリスランを投入したが流れを変えられなかった。浦和はハットトリックの興梠を筆頭に攻撃陣の決定力が光った。

(1)埼玉

浦和 7 4-0 0 仙台
     3-0

▽得点経過
 前20分 1-0 興梠
 前27分 2-0 興梠
 前29分 3-0 武藤(3)
 前47分 4-0P興梠(5)
 後 2分 5-0 李(2)
 後20分 6-0 OG
 後47分 7-0 柏木(3)
▽観衆 25,372人

<攻守の秩序なくす/仙台・渡辺晋監督の話>
 先制されるまで、ボールを奪ってからカウンターという戦術は狙い通りだった。ゼロで推移したかったが、先制されてから攻守の秩序がなくなってしまった。サポーターに申し訳ない。

☆ベガルタみっくすぞーん

<DF大岩一貴(7失点に)>「この結果をしっかり受け止めないといけない。敗因は、簡単にどうこう言えるものではない。きょうは言葉にできない」

<MF奥埜博亮(無得点完敗に)>「きょうは僕自身もそうだが、ミスが多かった。自分たちからミスを起こしてカウンターを狙われた。戦術以前の問題」