茂木がルヴァン杯の第2節磐田戦も先発出場する見通しとなった。第1節アウェーFC東京戦は0-6と大敗。運動量が豊富な快足MFは悔しさを胸に、勝利への貢献を誓う。
 10、11日に行われた試合形式の練習では主力組の左ウイングバックに入った。サイドからクロスを上げて積極的に攻撃に参加。「仕掛けるタイミングをもっと良くしたい」と意気込む。
 仙台ユースを経て入団した。高卒1年目の開幕戦でいきなり先発メンバーに起用されるなど、期待が大きい選手の一人だ。
 今季の公式戦初先発出場となったFC東京戦を振り返り「アウェーで難しい試合になった」。悔しさは今も残る。一方で、勇気づけられた試合があった。
 大敗から3日後、リーグ戦のアウェー柏戦。仙台は1-0で劇的な勝利を収めた。ピッチ上の選手が最後まで集中していた。この時控えだった茂木は「今度は自分が、チームを勢いづけるプレーをして結果を残す」と燃える。
 ホームでのゲームは大勢のサポーターと一緒に戦える。「リーグ戦出場を見据え、ルヴァン杯でアピールしたい」。貪欲に走り続ける。(佐々木貴)