J1仙台は11日、YBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)1次リーグA組第2節ホーム磐田戦(12日19時・ユアスタ仙台)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間、最終調整した。
 ミニゲームでは、MF茂木が主力組の左ウイングバックに入り、球際に厳しく寄せるなど切れのある動きを披露。MF佐々木はシャドーストライカーと呼ばれる下がりめのFWの位置で、攻撃の連係を確認した。
 仙台は前節FC東京戦で敵地で0-6と惨敗。磐田は札幌に0-2で敗れた。
 仙台の渡辺監督は0-7で大敗した浦和とのリーグ戦(7日)を踏まえ、「小さくないダメージを受けたが、ピッチの上で悔しさを晴らす。磐田戦に大きなエネルギーを注ぐ」と意気込んだ。