J1仙台は7日、リーグ戦第18節神戸戦(8日19時・ノエスタ)に向け、仙台市の紫山サッカー場で約1時間、最終調整した。
 ミニゲームでは、DF蜂須賀が右ウイングバックに入り、鋭いクロスを放つなど状態の良さをアピール。FW西村は3試合連続ゴールに向け、ゴール前へ積極的に駆け上がった。
 仙台は6勝3分け8敗の勝ち点21で12位。前節はホームでG大阪に2-3で敗れ、2連敗となった。後半戦初戦を白星で飾りたい。
 神戸は7勝2分け8敗の勝ち点23で11位。前節は川崎に0-5で惨敗し、3連敗を喫した。3試合連続無得点と攻撃も低調だ。
 渡辺監督は「(最近の試合)結果には満足していないが、内容には手応えを感じている。(前半戦の)17試合を終えて得たものを神戸にぶつけたい」と話した。