サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は9日、埼玉県鴻巣市陸上競技場で、リーグカップ1次リーグB組のちふれAS埼玉戦に臨む。
 6日は仙台市の泉パークタウンサッカー場でミニゲームを行い、主力組のGKを斉藤が務め、機敏な動きでシュートを防いだ。8日は同サッカー場で最終調整した。
 決勝トーナメントに進むのは上位2チーム。仙台は1勝1分け2敗で勝ち点4。4勝2分けで勝ち点14の1位浦和、4勝1分け1敗で同13の2位INAC神戸との差が開いており、勝って食い下がりたい。
 今季、ちふれAS埼玉にはリーグ戦第8節とカップ戦第3節で勝っている。越後監督は「チーム状態は悪くなく、戦い方のめどがついてきた。(流れが)ちょっと変われば点は入ると思う」と話した。