JリーグのYBCルヴァン・カップ準々決勝の組み合わせ抽選が31日、東京都内で行われ、仙台は鹿島と対戦することが決まった。2連覇を狙う浦和はリーグ首位のC大阪と当たる。他のカードは、G大阪-神戸、FC東京-川崎。
 監督交代に踏み切った浦和の武藤は「チームは厳しい状況にあるけれど、またこのタイトルを取りたい」と意気込み、ポドルスキの加入で注目される神戸の渡辺は「さらに連係を高めて勝てるようにしたい」と話した。
 ホームアンドアウェー方式の準々決勝は30日と9月3日、準決勝は10月4、8日に実施。決勝は一発勝負で11月4日に埼玉スタジアムで行われる。