佐々木美が左サイドハーフで先発する可能性が高い。自身初めてリーグ戦の先発に選ばれた前々節ノジマステラ神奈川相模原戦は雷で延期となり、消化不良に終わった。「勝利につながるプレーをしたい」と、仕切り直しの一戦に向けて気合を入れる。
 次戦への思いはひときわ強い。前節浦和戦は連続で先発起用されると予想していたが、ベンチ入りを告げられた。「衝撃。本当に悔しかった」。この1週間、何が足りないか自分を見つめ続けた。
 「いつもにこにこしていて、いつまでも新人のよう。もっと戦う女にならないといけない」。将来性に期待する越後監督は、あえて厳しく苦言を呈する。本人も自覚しており、浦和戦後の練習では声を張り上げて積極的に駆け回った。
 日テレは過去一度も勝利のない難敵だが、佐々木美に気後れはない。「速くて正確なクロスをどんどん送る。前からプレスもかける」と強調する。
 同じ左サイドハーフの田原が浦和戦で右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂し、今季の復帰は絶望的。佐々木美の奮闘が欠かせない。「監督が言うようにもっと自分はできると思うし、やらないといけない」。穏やかな口調とは対照的に、眼光は鋭かった。(狭間優作)