J1仙台は6日、MF佐々木匠(19)=仙台市出身=が、J2徳島に育成型期限付き移籍すると発表した。期間は来年1月末まで。
 佐々木は同日、仙台市のクラブハウスで取材に応じ「仙台を離れるのは寂しいが、自分自身を高めるためにじっくり考えて決断した。J2といっても甘い世界ではない。レギュラー争いに勝ち、徳島のJ1昇格に貢献したい」と語った。
 佐々木は2016年、仙台ユースを経てJ1仙台に入団。今季、公式戦初先発を果たした4月12日のYBCルヴァン・カップ1次リーグA組第2節の磐田戦で、プロ初得点、アシストを記録した。カップ戦は7試合に出場し、3得点と活躍。だが、リーグ戦ではレギュラーをつかめず、5試合の出場にとどまっていた。