サッカーJ1仙台は10日、仙台市のユアスタ仙台でリーグ戦第25節鳥栖戦に臨み、石原の2ゴールなどで4-1で快勝した。通算9勝5分け11敗で勝ち点を32に伸ばしたが、順位は12位のまま。

仙台 4/2-0/1 鳥栖
     2-1

 前半11分、右サイドの深い位置から古林がクロスを上げると、石原がニアサイドに飛び込み、右足でダイレクトに合わせて先制。34分には野津田が仙台移籍後初のゴールを決め、2-0で前半を折り返した。
 後半も仙台の勢いは止まらず、9分に三田が追加点、29分には石原がこの試合2得点目となるゴールを決めた。後半ロスタイムにゴール前のこぼれ球を鳥栖のイバルボに押し込まれたが、仙台が試合の主導権を終始握り続けた。
 渡辺晋監督は「今日の勝ち点3を得ることで、われわれが中位より上に食らい付いていく資格を得たと思う。次の試合に向けて、しっかりといい準備をしていきたい」と話した。