仙台入団後、初めてボランチで先発した三橋は「(先制点を取るのが遅く)難しい試合になってしまった。カウンターから危ないシーンもつくってしまった」と浮かない表情で振り返った。
 前半はチーム最多の3本のシュートを放った。出だしから相手ゴールに迫る積極性を示したが、周囲とのパスがかみ合わず、好機をつくれなかった。前半終盤は佐々木繭に代わり左サイドハーフを務め、後半20分にベンチに下がった。
 「及第点は与えられない。まだまだできるはず」と越後監督。三橋は「練習で課題を改善して次につなげたい」と、監督の期待に応えようと懸命だった。