競技場はJ1残留を願う甲府サポーターで埋め尽くされた。異様な空気にのまれたか、仙台イレブンの動きは鈍い。2日前に山梨入りし、万全の状態で臨んだが、勝ち点をつかめなかった。渡辺監督は「サポーターの期待に応えられず申し訳ない。ただただ悔しい」と声を落とした。
 前半から甲府の2トップ、ドゥドゥとリンスのスピードに押された。ゴール前で体を張って守るが、肝心のこぼれ球が拾えない。前半、放ったシュートはわずか4本。乾いたピッチでボールが滑りにくいことも、仙台に不利に働いた。
 後半は相手の反則を誘い、リズムを取り戻していった。45分には甲府の新井が2枚目のイエローカードで退場。数的優位に立ったが、途中出場のジャーメイン、クリスランが決定機を立て続けに外し、カウンターから失点。大岩は「勝てる試合で勝ち切れない。もっと勝負強くならないといけない」とうつむいた。
 勝ち点は昨季を二つ下回る41、順位は同じ12位。だが、明らかに違うのは選手たちの手応えだ。前線でチームをけん引した石原は「このメンバーでもっと戦いたかった。上位と同等に戦える今のサッカーを(リーグ戦の)前半でできていれば、結果は違った」と強調する。今季の戦いは幕を閉じたが、トップ5への挑戦は終わらない。(狭間優作)