サッカーJ1仙台の選手が11日、仙台市青葉区の大崎八幡宮を訪れ、今季の必勝を祈願した。
 選手26人と渡辺晋監督ら計約90人が参拝。「必勝」と書かれた大きな絵馬にサインした後、神事に臨んだ。
 絵馬に「信じて進む」としたためた渡辺監督は、「自分自身、仲間、支えてくれている人を信じて突き進む」と話した。
 昨年8月にJ1広島から期限付き移籍し、リーグ戦12試合で3得点と活躍したMF野津田岳人選手は「もう1年、チームのために戦いたいと思い残留した。全力で貢献したい」と語った。
 チームは15日から、沖縄県糸満市で1次キャンプに臨む。