13日、宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で第3次キャンプが本格的にスタートした。午前と午後の約3時間練習し、午前は走り込みなどの体力強化メニューとGK陣がセービングを行った。午後はハーフコートのミニゲームなどで攻守の連係を確かめた。強い風が吹き付ける中、オフ明けの選手たちは軽快に体を動かした。
 渡辺監督は「(第3次キャンプの)最後の1週間はスピード感と緊張感を持って取り組みたい。そう選手にも話をした」と話した。14日も午前、午後の2部練習を予定している。