仙台移籍後、初めて古巣浦和と対戦した石原は決定機を逃した。後半、梁勇基のFKから競り合った相手がクリアしたボールがポストを直撃。その後も古林の右クロスを頭で合わせたが、惜しくもゴール左にそれた。「少ない好機をものにできれば…。ゴールにつながらなかったのが反省」と唇をかんだ。
 落ち着かない時間帯の失点が決勝点になったのを悔やみ「押し込まれても我慢できるチームでないと、上位には行けない」と自らに言い聞かせた。