J1仙台は10日、元C大阪のMF関口訓充(32)=171センチ、66キロ=を獲得したと発表した。仙台でプレーするのは6季ぶり。背番号は40に決まった。
 関口は東京都出身で、東京・帝京高から2004年に仙台に加入。ドリブラーとして09年のJ1昇格に貢献するなど12年までプレーし、10、11年には日本代表にも選出された。13年に浦和に移籍、15年からはC大阪でプレーしていたが、昨季限りで退団して移籍先を探していた。通算成績はJ1で129試合出場6得点、J2で247試合出場20得点。
 仙台は今季、リーグ戦で3勝2分け1敗の3位と好調だが、中盤の選手にけが人が続出。選手層の薄さが課題となっていた。
 関口はクラブを通じて「復帰でき、とてもうれしく思う。全身全霊を懸けて一試合一試合戦う。仙台を離れて経験したことをチームに還元し、より良いチームになるように頑張りたい」とコメントした。