野津田が攻撃のタクトを振った。中盤で粘り強くボールを奪い、持ち前の展開力で左右両サイドのスペースに素早くパスを出してカウンター攻撃を演出した。無得点に終わったが、昨季リーグ戦2戦2敗と苦しめられた川崎との激しい攻防に「お互いの良さは出せたと思う。カウンターの質を上げていくことが大事」と収穫を語った。
 自らもシュート2本を放った。前半42分には前線に出て梁勇基の右クロスをぴたりと頭で合わせたが、GKのセーブに阻まれた。今季はまだ無得点だけに「ミートするまでは良かったが、しっかりコースに流して入れたかった」と残念がった。