左足首を痛めて離脱していた平岡の6戦ぶりの復帰が見えてきた。11日の実戦練習で3バックの右に入り、持ち前の高さを生かした守備に加え、攻撃にも積極的に参加。先発出場も可能となった状況を「うれしい」と喜んだ。
 離脱中の5戦は全試合で失点(計9失点)して1勝1分け3敗。崩れた守備に「自分がチームの力になれないもどかしさがあった」と振り返る。広島戦では6試合ぶりの無失点が懸かる。「『0点』が一つあるだけでチームに自信を取り戻せる。数字で結果を表したい」と出番に備えている。