任期満了に伴う秋田県知事選(23日告示、4月9日投開票)に立候補を表明している前知事の寺田典城氏(76)が7日、県庁の知事室を突然訪れ、3選を目指す現職の佐竹敬久氏(69)と面会した。寺田氏は「(知事選に)出る前のごあいさつ。礼儀だから」と語った。
 6日に訪問を決めたという寺田氏は佐竹氏と握手を交わし、数分間、立ち話をした。最後は「お手柔らかに」と健闘を誓い合った。佐竹氏は寺田氏の突然の訪問に驚いた様子だったが、「(寺田氏は)面白い人だから」と笑顔を見せた。
 寺田氏はその後、県庁内を回ってかつての部下を激励したほか、県議会定例会(2月議会)の総括審査を傍聴した。寺田氏が知事室や総括審査に姿を見せたのは、知事を3期で退任した2009年以来8年ぶりだという。