第89回選抜高校野球大会は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。東北からは、昨秋の東北大会準優勝の盛岡大付(岩手)と、同大会を制し、準優勝した2015年夏以来の大舞台を踏む仙台育英に加え、21世紀枠の不来方(岩手)が出場する。活躍が期待される戦力やチームの特長をそれぞれ紹介する。

◎東北勢の注目選手(上)盛岡大付 植田拓外野手

 力強い打棒でチームを夏春連続の甲子園に導いた。昨秋の東北大会では決勝までの4戦で打率4割7分の活躍。2本塁打、二塁打3本を放った右の強打者は、春に向けてさらなる進化を遂げようとしている。
 165センチと小柄ながら、筋肉のよろいをまとっているような引き締まった体。冬季は練習の合間などに精力的な筋力トレーニングに励み、ベンチプレスで100キロ、スクワットも230キロをこなすまでパワーが増した。「スイングが速くなり、打球の飛距離も伸びた」と手応えを語る。
 昨秋までの高校通算で36本塁打。昨夏の甲子園でも2回戦の創志学園(岡山)戦で放つなど以前からパワーに定評があったが、「中堅から左に引っ張る打球が多く、右方向への本塁打がなかった」と向上心を絶やさない。苦手な外角球を流してスタンドまで飛ばすために筋力アップを求めた。
 「自分でも鍛え上げたと思う。甲子園でどんな結果が残せるか楽しみ」と初戦を心待ちにする。
 自らを高めるだけでなく、中心選手としての自覚も十分だ。練習では仲間の打撃の欠点を指摘し、積極的に声を出して鼓舞する。「打撃でチームを引っ張りたい」と意欲を燃やす。

◎盛岡大付 初の8強以上目標

 投手陣は右腕平松、左腕三浦瑞の2本柱。主戦平松は最速145キロの速球とスライダーで押す。三浦瑞は球の切れと多彩な変化球が持ち味で、東北大会は全4戦で継投し防御率は2.50。
 攻撃はパンチ力のある植田が核。東北大会は1番に入ったが、得点力向上のためには中軸に座り、長打力がある主砲松田につなぎたい。シャープな打撃の大里や比嘉、バントなど小技がうまい林らで上位打線を組めば厚みが増しそうだ。
 過去3度の出場で最高は2013年の16強。春夏を通じて初の8強以上を目指す。大会第2日(20日)の第1試合で高岡商(富山)と対戦する。