JR東日本秋田支社は、秋田新幹線「こまち」の開業20周年に合わせ、22日から秋田駅の発車メロディーを横手市出身のシンガー・ソングライター高橋優さん(33)の「明日はきっといい日になる」にする。
 同日の始発列車から、在来線と秋田新幹線の全列車が出発する際に流す。高橋さんの曲が駅の発車メロディーになるのは初めて。秋田市を拠点に活動するシンガー・ソングライター渡部絢也さん(32)が編曲を手掛ける。
 曲にちなみ、JR秋田支社と秋田県、秋田市が進める秋田駅周辺活性化事業のキャッチコピーを「秋田はきっといい日になる」とする。
 佐竹敬久知事は「高橋さんは日本武道館を満員にするスター。秋田らしさを醸し出す発車メロディーになる」と期待した。