青森県西目屋村は、水陸両用バスに乗って津軽ダムのダム湖「津軽白神湖」を遊覧するバスツアー「ニシメヤ・ダムレイクツアー」を30日に始める。10月末まで実施する。

 村や津軽ダム工事事務所は2012年から、ダム湖を観光に生かそうと、バスの運行に関する社会実験に取り組んでいる。体験者からの「また乗りたい」といった声を受け、村は16年度、42人乗りの車両を9000万円で購入した。
 ツアーでは、参加者が村役場近くの物産センター「Beechにしめや」に集合してバスに乗車。約15分かけて津軽ダム内の公園「津軽白神湖パーク」に移動し、約30分間の水上走行をする。
 定休日は毎週水曜日で大型連休中の5月3日は運行する。午前9時~午後3時に計5回実施し、乗車料金は中学生以上が2500円、3歳~小学生が1500円、2歳以下が500円。運行希望日の2~4日前までに電話などで申し込む。連絡先は津軽白神ツアー0172(85)3315。
 また、弘前さくらまつり(22日~5月7日)に合わせ、23、30の両日、弘前市の弘前公園で無料乗車体験会を開く。水上走行は実施しない。
 弘前工業高を発着し、公園の周囲を巡る約4.8キロのコースで、午後5時、7時の2回運行する。定員は35人。14日までにはがきで申し込み、村で抽選をする。連絡先は村政策推進室0172(85)2111。