青森県六戸町は13日までに、2015、16年度の固定資産税と国民健康保険税の課税額に算定ミスがあり、計113万1000円の課税漏れがあったことを明らかにした。
 町によると、追加徴収の対象は固定資産税が7人、国民健康保険税が4世帯。14年に新築された住宅4棟の土地の課税地目を、「田」などから「住宅」に変更していなかったことが原因。2月の確定申告相談の際に発覚した。