青森県警五所川原労基署は14日、労働基準法違反(時間外労働など)の疑いで、青森県深浦町の黄金崎不老不死温泉と同社の男性社長(44)を書類送検した。同温泉は日本海に面した露天風呂が有名で、全国から観光客が訪れる行楽施設の一つとなっている。
 送検容疑は昨年4~8月、同社の20~70代の従業員男女23人と労使協定を結ばないまま時間外、休日労働をさせ、うち22人については同4~11月の時間外労働の割増賃金計約350万円を支払わなかった疑い。
 青森労働局によると、1人当たりの1カ月の時間外と休日労働は最大約161時間で、11人が4カ月連続で100時間を超えた。1人当たりの不払い賃金は最高で約48万円。14日までに不払い約350万円のうち、102万は支払われた。
 五所川原労基署が2015年に立ち入り調査し、違法な時間外労働と割増賃金の不払いが発覚。是正勧告をしたが、16年の立ち入り調査でも改善されておらず休日労働も判明した。
 社長は「労働時間への認識が甘く、管理も行き届いていなかった。新しくパート従業員も雇用し改善に努めている」と話した。