J2第8節第1日(15日・NDソフトスタジアム山形ほか=9試合)山形は後半に汰木(ゆるき)が決勝点を挙げて1-0で東京Vを下し、今季初の2連勝を飾った。順位は10位のまま。首位の名古屋は徳島と2-2で引き分けて連勝が4で止まり、勝ち点は17。得失点差で2位の湘南も岐阜と3-3で引き分けた。

 (1)NDスタ
山形 1/0-0/0 東京V
     1-0
▽得点者 【山】汰木(1)
▽観衆 4677人

 山形が1-0で接戦を制した。前半は東京Vに押し込まれたが、後半に入ると徐々に攻撃のリズムをつかんだ。決勝点は後半22分。瀬沼のヘディングシュートをGKがはじき、こぼれた球を汰木が蹴り込んだ。守りは相手のシュート17本をしのいで無得点に抑えた。
<後半立て直せた/山形・木山隆之監督の話>
 前半は駄目なところしかなかった。ちょっとばかりのラッキーと、後半に少し立て直せたことで、勝負を何とか決められた。(今後に向け)しっかり自分たちの足元を見つめ直して取り組みたい。