秋田県小坂町の観光施設「小坂鉄道レールパーク」で、宿泊施設として利用している寝台列車「ブルートレインあけぼの」が16日、旧小坂鉄道小坂線の廃線跡約2キロを走った。冬季の保管場所からパーク内に戻り、28日に営業を再開する。
 4両の客車は雪で傷まないよう、昨年12月に廃線跡のトンネル内に移動していた。町民や鉄道ファンが見守る中、午前10時40分に出発。機関車を先頭に時速15キロで進んだ。
 あけぼの号はJRの寝台特急で、上野-青森間を奥羽線経由で結んだ。2014年に定期運行を終えた車両を、町が譲り受けた。
 今年の宿泊営業は11月4日まで。営業日は金、土曜日と祝日前日、大型連休や夏休みの期間中。連絡先はレールパーク0186(25)8890。