柴田町トンボ玉愛好会の会員22人の作品を展示、販売する「春のトンボ玉頒布会」が21日、町内のしばたの郷土館で始まった。23日まで。
 パンダやフクロウのストラップ、色鮮やかなネックレスなど約800点を展示。来場者は一つ一つを手に取りながら、お気に入りの品を探していた。
 森美代子代表(74)は「県内だけでなく、山形や福島からも来てくれる人がいる。いつもより作品数が多いので、じっくりと鑑賞を楽しんでもらいたい」と話す。
 時間は午前9時半~午後4時半。入場無料。連絡先は森代表0224(55)1287。