ロードバイクで青森県田子町の坂道を走る「NINNIKUプロジェクト! サイクルイベントin田子町」が3日、同町農山村広場を発着点に開かれ、県内外から参加した約50人が自然を楽しみながら快走した。
 自転車愛好家らでつくる町ツーリズム推進組織委員会が、今年初めて開催。開会式で加藤正行委員長は「かなりタフなコースだが、田子町のさまざまな坂を味わってもらいたい」とあいさつ。山本晴美町長は「自然豊かで、木漏れ日が差す緑のトンネルを楽しんでほしい」とアピールした。
 参加者はグループに分かれて順次スタート。高低差は500メートル以上あり、勾配の急な坂道に苦しみながらも、緑に包まれた約80キロのコースをそれぞれのペースで楽しんだ。
 終了後には会場でバーベキューも行われた。