秋田産フグの魅力をPRしようと、秋田市土崎地区の飲食店8店が「土崎みなと ふくまつり」を実施している。土崎飲食業組合連合会ふぐ産直部会などの主催で、10日まで。
 参加店が共通メニューを割安で提供する。刺し身、唐揚げなどを添えた「ふく福御膳」(ランチのみ税込み2980円)や「とらふく鍋」(同2000円)など9種類ある。
 秋田県水産振興センター(男鹿市)によると、同地区から潟上市の沖合はトラフグ産卵地の北限とされる。
 ふぐ産直部会などは『北限のフグ』を活性化に生かそうと、2006年から毎年6月と10月にまつりを開いている。同会の畑中蘭子会長(64)は「北の海域のフグは成長に時間がかかる分、身が締まって味が濃くなる。多くの人に食べてもらいたい」と話す。
 まつりは午前11時~午後2時と午後5~10時。店によっては予約が必要。連絡先は飲食店「白帆」018(847)0189。