青森県教委は7日、勤務先の高校の灯油を盗んだとして、東青地域の男性教諭(52)を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 県教委によると、この教諭は3月13日午前6時40分ごろ、学校の倉庫のポリタンクから、持ち込んだ二つのポリタンクに灯油を詰めて自宅に持ち帰った。目撃した同校職員が同日、上司に報告。学校が2日後に本人に確認したところ、盗みを認めた。教諭は「学校にはたくさん灯油があるので、少しぐらいなら困らないと思った」と話したという。処分は5月29日付。